悩む老夫婦

段差の恐怖

ご飯を食べる老夫婦

健康なときはまったく気にすることがなかったようなものでも、いざ自分が体調を崩した、介護が必要になったとなれば気付くものに室内の段差があります。これは段差解消機によって改善できるようになります。少々の段差でも、体が不自由になった人にとっては致命的な落差があります。そのまま放置していると、何でもないことで転んでしまい、今の病状を一気に悪化させてしまうこともあるのです。お年寄りが寝たきりになる原因の1位は転倒だといわれているほどに室内の段差は危険です。
また、段差があれば車いすだったり、歩行補助の器具だったりと様々な商品を利用し辛くなります。まだ自分で動けているうちはよくても、介護する人間が常に必要になった場合それらの苦労は介護する人にのしかかってくることになり、大変さがぐんと上がってしまうようになるのです。

将来的な問題を考え、最近ではまだ全員が比較的元気なうちから自宅へ段差解消機を利用してバリアフリーに変更する人達が増えています。玄関だけではなく、段差解消機を利用することで全ての部屋をバリアフリーにしてどんな人でも動きやすく安全な室内に仕上げます。これはお年寄りには勿論優しい家になりますが、子供にとっても安全な家になります。段差がなくなるということは、頭を打ってしまうような危険性のある凹凸も減少するということに繋がります。ですから、安心して毎日を過ごせるようになるのです。
日常的な何気ない動作が健康的に行えるのであれば、段差解消機を利用してバリアフリーの室内にすることで生活自体がリハビリになりますし、全員がストレスを溜めることなく安定した状態で毎日を過ごせるようになるのです。
この段差解消機はそう高価な商品でもありませんし、必要性が高い商品ですから導入する人は多いです。

Copyright(c) 2015 暮らしやすい家を作るなら段差解消機を使おう. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com